お歳暮を贈る時にどんな言葉を添えるか

お歳暮のやりとりは年末年始の楽しみだという方もいますが、品物選びをしながらどんな言葉を添えるのか悩むこともあるでしょう。近年は持参するのではなく宅配で届けることが多いですから、添え状を準備しながら気の利いた文面にしたいけれどもどうすべきかと考え込むわけです。今ではお歳暮も「年末年始の行事の一つ」として何となく続けている方もいるのですが、一年の付き合いなどの感謝を込めて贈ります。友人知人と仲の良い方もいれば、仕事の関係など、いろんな方に贈るのですが、簡単でもいいのできちんと文章でも挨拶ができるようにしておくと、ただ贈るだけになるより印象はぐっと良くなります。

書く内容としては、一年の感謝と季節の挨拶、そしてどんなものを贈ったのかを添えましょう。時候の挨拶も普段はあまり書く機会もないかもしれませんが、年の瀬が近くなったというように書き始めていけば問題ありません。相手の健康なども気遣いつつ、自分たちもおかげで元気に過ごしていますというように続けていきましょう。贈る品物にはよく「心ばかりの、ささやかな物ではありますが」と添えて最後に「お納めください、ご笑納下さい」と書き、これから迎える新年が良いものであるようにとお祈りをして挨拶を終えることが多いです。

一年に一度のお歳暮のやりとりなので、去年を思い出しながらになりますが、相手への感謝の気持ちを文章にすればいいので、緊張せずに添える言葉を考えてみましょう。お歳暮のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です