お歳暮の取り組みと今後の流行

現在の日本においては多くの人たちにとってしっかりとした文化になっているのがお歳暮になります。これまで、お世話になった人や、関わりのある人たちにとって挨拶の意味を込めてお歳暮をおくることになります。たくさんのお店では各お客様にとってどのような商品が良いのかをしっかりと見極めて、品揃えを検討し、毎年会議を重ねて今年の流行をリサーチによりしっかりとキャッチアップしていくことになります。これまで、こうした取り組みを実施してきた企業のなかで、リサーチ不足により売り上げが目標額に到達しないこともまれにありましたが、リサーチの大切さをしっかりとマインドとして取り入れていくことで、同じ失敗を繰り返さないように企業努力を重ねる形になります。

大きな会社においては、きっちりと人をあてて、時間をかけて取り組むことができるのですが、中小企業などの小さな会社においてはこうした取り組みは資本金が不足しているため、なかなか実践することができない課題がありました。こうした課題の解決策として、多くの企業にとっては銀行などに資金を借り入れてお歳暮の商品のラインナップを揃えていく方法があります。銀行は毎年のリサーチをしっかりと行っているので、経営として正しい判断ができるかどうかを第三者の視点から見極めることが可能になります。こうした対応をしっかりとして、資本金で大企業に負けている中小企業においてもしっかりと企業戦略を整えていくことが大切になります。

お歳暮のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です