お歳暮を喪中などで断りたいときやビジネスで贈る場合

本来、お歳暮は祝い事でないため自分や相手が喪中でも贈ることはできます。ただ、不幸があった直後は避けてから四十九日が過ぎてから贈ります。気になるときはお歳暮にしないで粗品にすると良いです。引越しなどで疎遠になったり、退職して仕事関係は遠慮したいときには今回に限り受け取ってから、同程度の金額の品物とお礼状を贈るのが一般的とされています。

お礼状は感謝の言葉と一緒に今後はお気遣いをなさいませんように、と明確な表現で気持ちを伝えます。贈るのを止めるときも特に決まったやり方はなく、その後も良い関係を続けていきたい時は最後のお歳暮を贈るときに一言を素瀬手、今年は贈らないことを説明してこれまでのお礼を述べた手紙を出すなどの配慮が必要です。マナーについてはどの場合でも相手に喜んでもらえるようにと相手の負担にならないようにという相手を思いやる気持ちが重要になっています。ビジネスで付き合いがあってお歳暮を贈る場合、会社と個人の2通りがあります。

金額の相場はお世話になった度合いで違いますがどちらも3、000円から5、000円程度が目安です。取引先の会社に贈るときは、宛名は先方の会社名と社長名、または関係部署の代表者名や担当者名とします。特に特定の人にお世話になっているときは、会社に個人名で贈ったり、自宅に贈ることもあります。送り主は個人名や上司との連盟、部署名や自社名など色々あります。

会社関連だと宛名や送り主の書き方にも注意が必要で、間違った判断をすると仕事上のトラブルにもなってくるので事前に上司に報告や相談してから判断した方が無難です。お歳暮のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です